FSUN TOURIST

インドシナ専門店がお送りするインドシナのホット情報 ホテルのご案内、最新ニュースを掲載いたします。FSUN TOURISTはアンコール・ワットの町、シェムリアップに日本人常駐の事務所を設けております、もっともホットな情報をご提供いたします。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も終わり

こんにちは。
最近太りましたね、そういう腹にはなりたくないって自戒するきっかけになりましたよ、と先日嫌味を言われました。

2010年も数日で終わり。
月並みですが、あっという間でしたがいろいろありました。
カンボジアって国がどれだけ変わってきているのか、長い暮らしの中でどれだけ不感症になっても、何となく体感できるような年でした。
ものすごいスピードで物事は変化しています。

IMG_0952.jpg

写真はバッタンバンのバンブートレインから。
かつては人々の運搬、移動に使われていたものが、オートバイの普及や道路事情の変化により不要となり、いまや観光客用のアトラクション。
残念なことに、来年このバンブートレインはなくなるそうで、この線路にはプノンペンからの列車が走るそう。

変化のスピードはますます加速し、古き良きものも失われていくのか?
大してスピードの出ない手作りの滑車に乗り、真っ青な空を見上げたら、そんな感傷に浸りました。

どこまでも続いていくこの線路。
良くも悪くも僕を乗せた手作り滑車は転がり続けていく。

文:K
スポンサーサイト

| 駐在員便り | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行 最終回

なんかさ、案外ドライで冷たい人だよねー、と言われる今日この頃です。

さて、中国B級グルメの旅行を楽しんだ一行はヴィクトリア・トレインの待つラオカイ駅へ。
再び夜行列車でハノイへ戻りました。
ちなみにここの食堂車はクラッシックで素晴らしく、旅の情緒をかきたて、そして料理もナイスでした。
今度またサパに行くときはこの食堂車を使うために必ずヴィクトリア・トレインに乗ってしまうと思います。

IMG_0785.jpg

いつの間にか寝台にクリスマスのデコレーションが。
オヤジばかりの濃い寝台に安らぎが訪れた感じ。
嬉しい気配りです。

IMG_0926.jpg

ハノイ到着後、昼ごはん何にしようか?と悩んで決めたのが何と中華料理。
中国で期待していたものと現実のギャップがやたら大きかったんです。

IMG_0928.jpg

そうだよ!こんな感じの高級店がよかったんだよ!と絶叫しつつもここはハノイ。
アメリカでうまいハンバーガーに出会えず、日本帰ってきてからマック行く心境は、、、、不思議な脱力感。

IMG_0934.jpg

ここはうまかったです。
腕を上げた接写で感動を収めてみました。


こんな風にして昼食後、それぞれが解散してサパの旅は終わりました。
いつものメンバーも健在、とても楽しかった!
そしてともかく少数民族の方々がよかった。

古来からの伝統はいい。
自分もどうしたら伝統的でいられるか、真剣に考えた。

文:K

| 駐在員便り | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行?

衝撃のサンデーマーケットも終わり、後ろ髪をひかれながら夜行列車で再びハノイに向かうことになりました。

ただ、出発まで十分に時間があっり、どうやって過ごそうかということに。
おもむろに「中国に行こうぜ!」と叫ぶM氏。
「ただ何があっても責任は取りませんよ!」
いいんじゃない?、と急遽ラオカイより、陸路中国へ行くことになりました。
こんな風にテキトーな感じが素晴らしい不良オヤジの面々。
最高です。

IMG_0898.jpg

中国側の国境「河口」。
いつになっても陸の国境はときめきます。

あてもなくオヤジ5人が歩いていると、いつの間にかこんな小道にさまよいこむ。

IMG_0906.jpg

いまにもジャッキーチェンやユンピョウでも出てきそうな裏路地ぶり。
地元のオヤジどもがでっかい声でギャンギャン話し合っているのも、イメージした香港映画を彷彿とさせました。
飯でも食うか!とフカヒレやら何やら高級中華を期待していたのですが、それらしき店はなく、結局うらぶれたサモハンキンポーでもいそうな店にテキトーに入店。

IMG_0921.jpg


適当に頼んだビール。

IMG_0918.jpg

そして、チャラオ君が身振り手振りで注文した麻婆豆腐。
これが死ぬほど辛くて、超不機嫌になりました。

IMG_0919.jpg

楽しかった中国の2時間はあっという間に終わり、ベトナムに再度入国。
チャラオ君は再入国の時にビザの問題が発生し、ひと悶着してましたが、何とか無事に帰還。
事務所のスタッフから「だから行くなって言っただろう!」と、どやされたんだとさ。

いよいよサパの旅も終焉を迎える。
次回最終回。

文:K

| 駐在員便り | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行?

お楽しみのサパ紀行第五弾。
雨に降られてゲンナリの一行は夕食に出るのを諦め、ホテル内レストランでシックに大人ディナーすることにしました。

IMG_0822.jpg
ここでは課長リクエストのチーズフォンデューをいただきました。

すると、少数民族のモン族による舞踊ショーがスタート。

IMG_0825.jpg

同席した不良オヤジチームは「退屈だ」「つまらない」を連発してましたが、感動の沸点が低い僕は大体何にでも感動してしまうたちです。
これはこれで楽しかったなあーくらいに思ってましたが何か?

一夜明け、サパ最終日の今日、バク・ハーというところにある山岳民族のサンデーマーケットに出かけることになっていました。しかし昨日からの雨は止みそうにありません。
「もうこうなったらさ、どこにも行かないでホテルにいようぜ」という雨男の囁きは却下し、憧れの少数民族マーケットが待つバク・ハーへ強行ゴー!
道中の2時間、チャラオ君と他愛もない話で過ごし、ベトナムはこんな田舎に来ても道はきれいだし電気も通ってるし、いいとこだよなあ!わかってる?と半ば説教気味に話したのがちょっと悔まれ。

遂に到着したバク・ハーは奇跡的に雨が止んでいました。
早速サンデーマーケットに足を踏み入れると、驚きの光景が。

IMG_0848.jpg

ユニクロに買い物に来た主婦たち。
何だこりゃ!ともう開いた口が塞がらなくて、この後2時間くらいずーっと独り言ばかりでした。

IMG_0850.jpg

こんな山奥でどんな色彩のセンスが磨かれたのだろう?
果てしなく鮮やかで度肝を抜くファッションにはただ唖然。
奥深い山間で生み出された美の文化に、僕は自分の知らないずっとずっと過去の世界の迷宮にに引きずり込まれました。

それにしても、これを毎日着て生活してるんですのよ、奥様。
ついには、水牛の取引所にまでこの衣装で登場。

IMG_0864.jpg

この後、大して美味しくない昼食を食べ、さらにごちバトルに負けてしまったのですが、その間ずっとこれらの光景がフラッシュバックし、もう不思議でたまりませんでした。

何がここで起きているんだろう?
彼らはどこの過去の世界とつながっており、これからどこに向かうのだろう?

サパの旅はそれでも続いたとさ。

文:K

| 駐在員便り | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行?

昼寝ですっきりした一行は、目が覚めないM氏を尻目に市内レストランへゴー!
早速飲みたい、ということで選んだのがこれ。
地ビールのラオカイ・ビア。
凍るほど冷たくてうまかったっす。

IMG_0796.jpg

そして接写もしつこく健在。

IMG_0797.jpg

腹も落ち着き、市場へ行ってみようということになり、歩いて行くといきなりこんな光景が。

IMG_0806.jpg

おいおい!どうなってるんだここは!と一人テンションが高まる。
しかも普通にこんな衣装で屋台に座ってるし。。

IMG_0820.jpg

果てしなく遠いところに来た感がますます強まりました。

しかし、この後さらにこれを上回る衝撃の出会いが。
サパの旅は続く。

文:K

| 駐在員便り | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行?

さて、夢の列車に乗り込んでぐっすりと眠ってしまったのですが、気がつくと朝6時半、サパに到着していました。

国境の駅、ラオカイ駅から宿泊のヴィクトリア・サパまではさらに車で50分。
移動中も爆睡で、あっという間にホテルへ到着。

気温が低いのが身にこたえます。
と思ったらホテルのロビーには暖炉。
IMG_0787.jpg

ヴィクトリア・サパホテル。
ヴィクトリア・アンコールと雰囲気がそっくり。
IMG_0793.jpg


そして、腹が空いたのでホテルでビュッフェの朝食を食べることに。
IMG_0790.jpg


さあー、少数民族見るぞ!と意気込むも、睡魔に襲われて部屋で昼まで寝てしまったとさ。

サパ紀行は続く。

文:K

| 駐在員便り | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行?

さて、サパへの玄関口となるベトナムの首都ハノイに到着。
ここで今回お世話になるM氏とN氏の二人に合流。

市内のインド料理食べて時間調整、ここでも覚えたての接写技術が活躍しました。
ただ今回料理が出る度にこれをやったんで、写真がほとんど料理ばっかりだったのがげっそり。。

いよいよサパ行きの列車に乗るべく、ハノイ駅に着くと、何ともいい雰囲気に早くも心酔。

IMG_0775.jpg


何てレトロなんだ!
映画みたいじゃないか!と旅の情緒も最高潮でテンションあがりまくり。
そしてヴィクトリア・トレインの寝台がこれ。

IMG_0780.jpg

ここをイビキうるさいチーム3名で占有し、別室にはサイレントチーム2名がアサインされました。
とんでもない期待とわくわくを乗せた寝台列車が、憧れの地サパに向けて出発したとさ。

文:K

| 駐在員便り | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サパ紀行?

某氏に対抗し、負けじと旅レポートします。

今回目指すはベトナム北部のサパ。
昔からずっと憧れの地だった少数民族が住む山岳地帯です。

経由で滞在したラオスのルアンパバンで教わった料理写真のテクニックがこれ。
IMG_0758.jpg

なんかうまそうでしょ!?
超接写でこんな料理本みたいな写りになりましたとさ。

サパへ続く

文:K

| 駐在員便り | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐクリスマス♡

みなさんこんにちは?
後2週間ほどでクリスマスですね?
本当に今年ももうすぐ終わってしまいますね。1年は長いようで短いなとツクヅク感じます

最近シェムリアップでは町中やホテルにクリスマスツリーがぞくぞくと飾られ始めています。

これはスーパーマーケットの「ラッキモール」
これだけだとちょっと寂しい気がするんですけどね。。。。
IMGP2580.jpg

こちらは「ラッフルズホテル」
外側もデコレーションして可愛らしいですね?IMGP2584.jpg

中はこんな感じです手作りツリーでしょうかね?
IMGP2588.jpg
この後ろには、子どもたちが描いたクリスマスの絵が飾られています
可愛らしいですよ?
IMGP2589.jpg

でもきっと日本の町中の方がクリスマスムードで盛り上がっているんでしょうね。。。。
こちらは最近寒いといっても、日本のような寒さではぜんぜんないので、クリスマスという気分が
いまいちピント来ないのですがね

文:C

| 遺跡以外の観光や楽しみ | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョンレノン追悼

今日は12月8日。
この日はビートルズのジョンレノンが凶弾に倒れた日で、今年で30年を迎えます。
そういえば力道山が暴漢に刺された日でもありますね。

学生のころからジョンレノンのために毎年追悼演奏や飲み会など主催してきましたが、ここシェムリアップでも恒例となった「ジョンレノン追悼ライブ」を今夜行います!
観光客でにぎわうバーストリートのモリーマロンズというアイリッシュパブで20:00?、たくさんの観客で賑わう予定です。
私自身もギターで参加しますので、お時間のある方は是非。

文:K

| 駐在員便り | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイクのカスタマイズ

こんばんは。
本日は弊社Iさんの誕生日で、ソカーホテルの日本料理屋にお寿司を食べに行きます。
そのためと外がどしゃ降りのため現在会社に居残り中です。

さて、先日シェムリアップ在住日本人御用達のスーパー「アンコールマーケット」にて
すごいバイクを見つけました。

↓↓なんと蛇柄です
蛇柄バイク

カンボジアとの文化の違いなのか私にはこのセンス理解できません。
しかし、蛇柄なので乗ったら金運が上がるかもなぁ・・と思いました。

文・写真:S

| 現地便り | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジャコングさん

昨夜、縁があってアジャコングさんとお会いすることができました。
すごい嬉しかった!
しかも握手。

こちらのテレビでも大人気の彼女ですが、今回カンボジアオリンピック委員会から熱烈な歓迎を受けたとか。
リング上とは違い、とても穏やかでいい方でした。

これからも色々な方々に来ていただきたいです、カンボジア。

文:K

| 駐在員便り | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KA★KI

こんにちは。

こちらは乾季の為、砂埃が増えてまいりました。


さて、ラッフルズグランドホテル・生カキのイベントへ行ってきました?。
こちらでは滅多に食べる事のできない食物です。

フランスからやってきた生カキ。堂々と船に乗ってます。
かき2

ワインと酢と色々を混ぜたソース、レモンで食します。
かき
レモン自体も、久しぶりで・・・。

ホントに美味しくてツルツルいってしまいました。

生物も酒もOKな体に生まれて幸せです。
社長!ありがとうございました!!



文:I


| 現地便り | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンコールワットの夕陽

こんばんは?
今はシャムリアップは乾期の為、と?ても夕陽が見やすくなっていますよ?
この前アンコールワットの東側の夕陽の写真が必要で撮ってきました?

ただあまりキレイな感じで撮れなかったので申し訳ないのですが。。。
でもアンコールワットの後ろ側なので、人が少なくて落ち着いて太陽が落ちていくのを見れますよ?☆
P1070367.jpg

そして帰りにアンコールワットのお堀からキレイな夕焼けが見れました?
こちらの方がキレイに撮れていますね。。。
P1070379.jpg

文:C

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。