FSUN TOURIST

インドシナ専門店がお送りするインドシナのホット情報 ホテルのご案内、最新ニュースを掲載いたします。FSUN TOURISTはアンコール・ワットの町、シェムリアップに日本人常駐の事務所を設けております、もっともホットな情報をご提供いたします。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自転車

最近すっかり自転車にはまってしまった私。
通勤はもちろんのこと、暇さえあればあちこち走り回っています。

13431_1238413935266_1676806370_487015_4464151_n.jpg

先日はコンポンクデイという町まで片道60km。
帰り道は暑過ぎてさすがにギブアップし、流しのピックアップトラックをつかまえて荷台に積んで帰ってきました。
最大の魅力は大自然の中マイナスイオンをバリバリ受けながら走る気持ちよさ。
自然と脳が活性化されるようでなかなかいい感じです。

ちなみにこれからの目標はシェムリアップからプノンペンへ2泊3日の自転車旅行、走行距離700kmあまり。
実現なるか?

文:K
スポンサーサイト

| 駐在員便り | 12:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

干し魚

こんにちは。

↓こちら柵の上で干されているのはカンボジア人のお義母さんが作ってくれた干し魚です。

sakana

お義母さんが作り方を一生懸命カンボジア語で説明してくれたのですが
私には何を言っているのかさっぱりわからず…

おそらく雷魚と思われる魚に塩や味の素などを加えて作るようです。
(もう一度詳しく作り方を聞いてみます!)

この魚をカンボジアではすいかの上にのせて食べるのです
多くの日本人の方がすいかと魚の取り合わせには違和感を覚えると思います。
私も最初はすいかと魚を一緒に食べるなんてありえない…と思っていたのですが
慣れてくるととても美味しく感じるのです
今では無性にすいかと魚を一緒に食べたくなることもしばしばです。


写真・文 S

| 駐在員便り | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シェムリアップのデラックスホテル、メリディアン・アンコール。
日本から来ていた関係者視察が終わり、空港へ向かう最後の見送り。
何とこんな演出。

11062010785.jpg

みーんな全員がJTBのロゴ持ってお見送り!
呆然としました。
すごい演出。。
脱帽。
このネタいただいた!

文:K

| 駐在員便り | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遺跡観光

久しぶりに観光バスに乗って2日間の遺跡観光をしてきました。
とても暑く、汗で服が水浸しでしたが何とも言えない充実感と遺跡に対する畏怖のようなものを感じました。

10062010743.jpg

写真のバイヨン寺院はいつ行っても新鮮で要塞のような「守られている」感覚を覚えます。
不思議です。
シェムリアップの町はすごいスピードで進化していますが、遺跡はいかに現状を護るか、だと思います。
これからも着実な修復・保護活動が続くことを願います。

文:K

| 駐在員便り | 12:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きのこ

みなさん、こんにちは。


愛車にきのこが生えてしまいました・・・・・

バイクきのこ

どうしよう・・・・・



文 : I

| 駐在員便り | 16:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンコールトム内やその周辺のマイナー遺跡

先週の日曜日、アンコールトム内やその周辺のマイナー遺跡に行ってきました。

まずはこちらからスタート!
バクセイ・チャムクロン アンコール・トムの南大門手前にあります。
P1020116.jpg

プラサット・バイ アンコール・トムの南大門手前にあります。
P1020127.jpg

プリア・パリライ アンコール・トム内ライ王のテラスの斜め裏の方。
今回行った遺跡の中では一番好きでした。おもしろい「象」の彫刻がきれいに残っていてオススメ!仏教の説話らしいのですが、仏様が像の頭を撫でています。
P102013.jpg

P1020132 - コピー
P1020140.jpg

バンテアイ・プレイ プリアカン遺跡手前の道をずっとずっと入っていきます。車では不可。
P1020149.jpg
P1020143.jpg

クロル・コー ニャックポアン遺跡の先をちょっと入ったところ。
P1020153.jpg
P1020155.jpg

バッチュム スラスラン・バンテアイクディ遺跡の近く。
P1020168.jpg




そして私RKと愛犬たろーです。実は、私がブログを更新するのは今日が最後です。いつもブログを見てくださっていた皆さんありがとうございました。
これからもK、I、Sが更新していきますので楽しみにしていて下さい。

シェムリアップのどこかで私たちを見かけたら是非声をかけてください。
皆さんお元気で!さようなら
P1020110.jpg

写真・文 RKプードル

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 18:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。