FSUN TOURIST

インドシナ専門店がお送りするインドシナのホット情報 ホテルのご案内、最新ニュースを掲載いたします。FSUN TOURISTはアンコール・ワットの町、シェムリアップに日本人常駐の事務所を設けております、もっともホットな情報をご提供いたします。

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駐在員からの最新情報  タプローム

東西1キロのこの遺跡は、西か東の塔門から入り、反対側に通り抜けるというコース
で通常お客様をご案内します。
まず、西塔門ですが、危険個所としてくぐり抜ける事ができなくなりました。塔門横から
入場、退場します。

第2周壁手前にあるお堀にも新しい木の橋(写真1)がかけられました。
タプローム1

第2周壁?東のテラスの間は、至るところに立ち入り禁止のロープ、札がかけられて
おり(写真2)、回廊や建物内部には歩きやすいように木の足場、廊下が作られてい
ます。
タプローム2

中央祠堂脇に「血管のように絡まる木」として有名だった木の周辺も立ち入り禁止に
なっており、以前は根元に立って記念写真を取る姿が多く見られましたが、残念ながら
それもできなくなってしまいました。(写真3)

タプローム3


タプローム4

それ以外の有名な巨木2か所は、以前同様、根元に立って写真を撮る事は可能です。
(写真4) )

文・写真 K
スポンサーサイト

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。