FC2ブログ

FSUN TOURIST

インドシナ専門店がお送りするインドシナのホット情報 ホテルのご案内、最新ニュースを掲載いたします。FSUN TOURISTはアンコール・ワットの町、シェムリアップに日本人常駐の事務所を設けております、もっともホットな情報をご提供いたします。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遺跡巡り【アンコールトム編】

こんにちは。
シェムリアップは雨の降る日が増えてきました。

さて、先日研修の一環でアンコールトムに行ってきました。
前回のブログでご紹介できなかったアンコールトムをご紹介いたします。

↓↓まずはアンコールトムの入り口南大門。
南大門
向かって右が阿修羅、左が神様です。それぞれが蛇の神様ナーガの胴体をもっています。
写真中央に見える塔門には四面仏が彫られています。
四面仏

↓↓こちらはアンコールトムの中心、バイヨン寺院。
バイヨン
穏やかな微笑み。美しいです

バイヨン寺院は四面仏の彫刻も美しいですが、当時の生活の様子が
壁画に残っていておもしろいです。

↓↓闘鶏中
闘鶏

↓↓闘犬中
闘犬
インド人を案内してる英語ガイドはFighting Pigと説明していました・・・
確かに豚っぽいけど・・

↓↓魚やわになどもいきいきと描かれています。
レリーフ

↓↓アンコールトム内ではないですが、アンコールバルーン。
アンコールバルーン
昨年故障し半年ほど運休してましたが、新しい機材を取り寄せて4月から再始動です。


おまけ

アンコールトムに行った日、仏教日だったためたくさんのお坊さんや
尼さんがアンコールワット付近に来てました。

その行列。トゥクトゥクや乗り合いトラックなどでパレード状態です。
仏日

その結果、大渋滞。
渋滞


遺跡めぐりかなり楽しかったです!!
他の遺跡も改めて行きたいと思っています。

文・写真:S
スポンサーサイト

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遺跡めぐり

こんにちは。
最近本当に暑いです。

ツアーに同行させて頂く機会があり、昨日まで久しぶりの遺跡巡りをしてきました。

↓↓カンボジアといえばアンコールワット!!
アンコールわっと
空もきれいで、池に写ったアンコールワットもまたきれいです

↓↓アンコールワット第一回廊にあるラーマーヤナ物語のレリーフ。
レリーフ
猿の軍隊が悪魔の軍隊に噛みついてます。個人的に猿が噛みついているレリーフ大好きです。

↓↓アンジェリーナ・ジョリー主演の「トゥーム・レイダー」のロケ地で有名なタ・プローム
タプローム

↓↓天空の城ラピュタのモデルとなったといわれるベンメリア
ベンメリア
↓↓ベンメリア遺跡の前で遊ぶ子供たち。自然のブランコです。
ブランコ

↓↓水中遺跡クバール・スピアン。
クバルスピアン 滝 クバルスピアン
↓↓クバール・スピアンは大好きな遺跡ですが、行くまで30分ほど山道を歩くのでかなり疲れます。
登山

アンコールトムとバンテアイスレイ遺跡にも行ったのですが暑さと
日ごろの運動不足で写真を撮る元気がありませんでした・・・
こちらはまたの機会に写真を撮っておきます。

久しぶりの遺跡巡りは体力的にはきつかったですがとても楽しかったです。
カンボジアの魅力に改めて気付かされました

おまけ
青トカゲ
とっても珍しい青いトカゲです!!クバール・スピアンの帰りに発見しました。

文・写真:S

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンコールワットの夕陽

こんばんは?
今はシャムリアップは乾期の為、と?ても夕陽が見やすくなっていますよ?
この前アンコールワットの東側の夕陽の写真が必要で撮ってきました?

ただあまりキレイな感じで撮れなかったので申し訳ないのですが。。。
でもアンコールワットの後ろ側なので、人が少なくて落ち着いて太陽が落ちていくのを見れますよ?☆
P1070367.jpg

そして帰りにアンコールワットのお堀からキレイな夕焼けが見れました?
こちらの方がキレイに撮れていますね。。。
P1070379.jpg

文:C

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンコールトム内やその周辺のマイナー遺跡

先週の日曜日、アンコールトム内やその周辺のマイナー遺跡に行ってきました。

まずはこちらからスタート!
バクセイ・チャムクロン アンコール・トムの南大門手前にあります。
P1020116.jpg

プラサット・バイ アンコール・トムの南大門手前にあります。
P1020127.jpg

プリア・パリライ アンコール・トム内ライ王のテラスの斜め裏の方。
今回行った遺跡の中では一番好きでした。おもしろい「象」の彫刻がきれいに残っていてオススメ!仏教の説話らしいのですが、仏様が像の頭を撫でています。
P102013.jpg

P1020132 - コピー
P1020140.jpg

バンテアイ・プレイ プリアカン遺跡手前の道をずっとずっと入っていきます。車では不可。
P1020149.jpg
P1020143.jpg

クロル・コー ニャックポアン遺跡の先をちょっと入ったところ。
P1020153.jpg
P1020155.jpg

バッチュム スラスラン・バンテアイクディ遺跡の近く。
P1020168.jpg




そして私RKと愛犬たろーです。実は、私がブログを更新するのは今日が最後です。いつもブログを見てくださっていた皆さんありがとうございました。
これからもK、I、Sが更新していきますので楽しみにしていて下さい。

シェムリアップのどこかで私たちを見かけたら是非声をかけてください。
皆さんお元気で!さようなら
P1020110.jpg

写真・文 RKプードル

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 18:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

面白い彫刻@バイヨン

12世紀後半に作られた城砦都市・アンコールトム。
その中心に同じく12世紀後半にジャヤバルマン7世王によって作られた仏教寺院・バイヨン。
バイヨンは、本当に奥深く面白いです。
私が一番好きな遺跡はだんとつでアンコールワットなのですが、一番面白いと思うのはやはりバイヨンです。
何度行っても新しい発見があります。
ちょっと前に見つけた面白い彫刻をご紹介します。

第一回廊の西側の彫刻の中にみつけました。兵隊の足元を見ると、川の中の様子が描かれていますが、エビがいたり、巨大魚がナント、牛を丸のみしようとする場面が!その巨大魚の後ろはフグ?
PC090025.jpg
PC090024.jpg

このバイヨンについて詳しく知りたい、学びたいという方は昨夏8月にオープンした「バイヨンインフォメーションセンター」がおすすめです。
このブログでも7月13日に紹介しました。

写真・文 RKプードル

| シェムリアップ及びその周辺遺跡 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。